RECRUIT

コンサルタントに転身し、裁量とスピードを実感! 国内業務本部 航空保安システム部 2016年中途入社

鉄道の電気設備から、空港の航空灯火へ。
航空機の運航を支える灯火のプロフェッショナルとして、
全国の空港に、目に見える成長の軌跡を残しています。

キャリアパス

  • 2010年 電気電子システム工学科を修了後、鉄道会社に新卒入社
  • 2010年~ 沿線の電灯設備の設計を担当
  • 2011年~ 電気設備の保守で2年間夜勤を経験
  • 2014年~ 新路線の電気設備の計画業務に携わる
  • 2016年 日本空港コンサルタンツに入社
  • 2016年~ 青森空港、新千歳空港の航空灯火の設計を担当
  • 2017年~ 羽田空港の航空灯火新設プロジェクトに参加

先輩からのひとこと

長期にわたって取り組む大型プロジェクトの他、小さな仕事で全国あちこちの空港に出かけます。旅行好き・飛行機好きでなくても、きっと楽しめると思いますよ!

先輩インタビュー

入社の動機は?

前職では、夜勤の保守業務が長く、ストレスが大きかった上、自分の業務の成果を実感しにくい環境でした。また、大手企業だったため意思決定などに時間がかかり、思うように業務を進められませんでした。
そこで電気設備の経験を活かせる当社に転職しました。

印象に残っているプロジェクトは?

入社直後に任された、青森空港の航空灯火の改良プロジェクトです。
6年分の工事の設計を一気に手がけるという手応えたっぷりの仕事で、初めは前職とのルールの違いに1つひとつ戸惑う日々…。
それでも先輩のサポートを受けながら無事納品でき、
大きな自信になりました。

この仕事のやりがいは?

インフラを支えるという点では前職に通じるものがありますが、仕事のスタイルは一変しました。1つひとつの業務に深く取り組むことができ、自分が手がけたことが経験としてしっかり残ります。任される裁量も大きく、自分のやり方でスピード感をもって仕事を進められるのが大きなやりがいですね。

職場の雰囲気は?

ワンフロアに全社員が揃っているため、どの部署が何をやっているのか、だいたいわかりますし、必要があればサッと集まって打ち合わせできます。中途入社だからといってハンデは一切なく、実力をしっかり評価してくれます。

今後の目標は?

プロジェクトマネージャーを任され、1つのプロジェクトを責任者として完成させてみたいですね。また、航空灯火もどんどん進化しているため、新しい技術を取り入れて、より安全な仕組みを実現していきたいです。

志望者へのメッセージ

安定した超大手からの転職したのですが、今のほうが楽しそうなのが伝わるらしく、家内も喜んでいます(笑)。福利厚生なども充実していて、安心して将来のキャリアを描けます。自分の仕事の成果を実感したい方、自分の裁量で責任ある仕事をやりたい方にはぴったりの環境です!

| 採用情報TOP |